あなたが太る原因を知ることから始めよう

あなたが太る原因を知ることから始めよう

あなたが太る原因を知ることから始めよう

あなたが太る原因を知ることから始めよう

あなたが太る原因は何なのかを考えた時、その答えが薄っすらと分かっていたとしても、人に自信を持って答えられる人は少ないのでは無いでしょうか?

 

ただいつまでも現実逃避をして太っているという事実から逃げていては、「ダイエットで成功して痩せる」ということからも逃げているという事になりませんか。

 

まずはあなたがどんな理由で太ってしまったのかを正しく認識することから始めましょう。

 

人間には太ってしまうパターンがいくつかあります

  • 炭水化物中心の食生活をしている
  • ごはんよりもお菓子を中心に生活している
  • 過度の食事制限をしているのに痩せない
  • 飲み会や付き合いが多い生活をしている
  • 夜型人間としての生活になっている
  • もともと便秘症なのに動かない生活になっている
  • 若い頃は痩せていたから簡単に痩せられると思っている

あなたが少しでも当てはまっているなら、太ってしまっていてもおかしくはありません。まずは自分の現状を理解して、生活習慣も無理をしない程度で意識をして改善してみてはいかがでしょうか。

 

ではそれぞれのパターンを少し詳しく解説していきましょう。

炭水化物中心の食生活をしている

これは現代人の肥満の中で最も多いカテゴリーなのかもしれませんが、とにかく「ごはん」「麺類」「パン」など主食となる炭水化物ばかりの食事をとっている人のことです。

 

炭水化物は身体を動かすためのエネルギー源として必要なのですが、過剰な摂取になると脂肪としてお腹まわりなどに蓄えられることでも有名です。

 

忙しい毎日の中で簡単に手早く空腹感を満たそうとしてラーメン、パスタ、うどん、ピザ、おにぎりなどばかり食べてしまうと、確実に太りやすい体質になってしまいます。

 

ごはんよりもお菓子を中心に生活している

これは若い女性に多いパターンですが、痩せるためにカロリーを気にして普通の食事をせずに、お菓子やスイーツを主食とする方が最近異常に増えています。

 

しかしこれも前の炭水化物や糖質中心の生活になり、結局消費されないエネルギーは体内にどんどん蓄積されてしまい太ってしまうというパターンになります。

 

食事の量を減らすのではなく、パランスの良い食事を取ることが痩せるという行為に対して、いかに大事なのかを知ってください。

 

過度の食事制限をしているのに痩せない

こちらも女性に多いパターンで、「ダイエットは食事を我慢すればいいのだろう」という安易な発想のもと行ってしまうと、逆に身体は痩せにくい状態になるのです。

 

食事量や食事回数を減らしたり、断食などをすると一時的に痩せるかもしれませんが、身体の組織が必要な栄養が入ってこないことに危険信号を出し、わずかに入ってくる栄養を蓄えるようになるので痩せずに太りやすい体質になります。

 

また蓄えたエネルギーもあまり消費しない体質に変わってきますので、溜め込みやすく消費できない、まさに太るための身体に変わっていくので注意が必要になります。

 

飲み会や付き合いが多い生活をしている

飲み会や付き合いのお酒の席が多い場合も要注意でお酒はビールだけでなく焼酎や日本酒なども糖質になりますので、食事をあまり取らなくても体内に蓄えられることがおおくなります。

 

また夜に食事をすることで日中に食事をした場合と比べても、BMAL1(ビーマルワン)の働きにより、消費されることなく体内に蓄積される割合が20倍も多くなるというデータが最近話題となっています。

 

夜型人間としての生活になっている

こちらも最近、いろいろな生活リズムを必要とされる現代人に多いパターンですが、体内時計のリズムが狂っていくと太りやすいという事実があります。

 

体内時計のリセットは食事の時間帯と太陽の光を浴びることで微調整されて保たれているのですが、夜型の生活になると体内時計も狂ってきます。

 

また夜食事をすることで、BMAL1(ビーマルワン)という脂肪を体内に貯めこむタンパク質が活発に働いている時間になるため、昼間の食事よりも20倍も体内に溜め込みやすくなるという事実が発表され話題になっています。

 

もともと便秘症なのに動かない生活になっている

便秘は多くの女性が悩んでいる病気ですが、便秘を解消するために野菜中心や腸内最近に良いヨーグルト中心の食生活になってもバランスが悪く、余計に便秘を悪化させる原因になります。

 

なんでも偏った食生活は身体の中で歪みを作り、太りやすい体質や疲れやすい体質に変化させてしまうので、バランスの良い食事を意識してください。

 

また便秘解消の効果的な方法として腹筋などを刺激する軽い運動が効果的ですので、苦手な方も無理の無いように少しずつ挑戦してみるのもおすすめです。

 

若い頃は痩せていたから簡単に痩せられると思っている

これは男性に多いパターンですが、運動をしていた若いころは筋肉質で痩せていたので、いつでも運動して痩せられると思っているあなたは危険です。

 

特に10代〜20代と同じ食事量で運動など一切しない場合、体内にどんどん脂肪として蓄えられます。

 

この蓄えた脂肪を燃焼させるためには、相当のエネルギーを消費しなければなりませんが、運動不足の現代人では継続して体質を変えていく必要がありますので、大変な苦労になります。

トップへ戻る